甘酒が薄毛予防になる?!どうせお酒を飲むなら

甘酒が薄毛予防になる?!どうせお酒を飲むなら

年齢を重ねると男性だけでなく女性も気になるのが髪の毛の悩み。髪が頭皮が透けて見えると一気に老け込んで見えますし、自信が持てず引きこもってしまうなんてことにもなりかねません。

 

あなたは薄毛、毛の痩せ対策ができる意外なものをご存知でしょうか。

 

それは甘酒です。甘酒は米から作られており、製造過程で麹菌が発生します。その麹菌こそが育毛や髪の毛の悩みに効果的というのです。ここで注意しなければならないのは酒粕から作られたものではなく米から作られた甘酒であるということです。

 

さて、お米から発酵という原理でいうと日本酒にも当てはまります。私の祖父はお酒は日本酒しか飲みませんでした。それも毎日3合以上は飲むという強者。そんな祖父は90歳で他界しましたが、その時まで髪はしっかりとありました。祖父と毛量の因果関係は決してお酒だけではないでしょう。遺伝的なものや生活習慣などいろいろなものが要因ではあると思いますが、事実90歳男性で死ぬまで髪の毛は決して無い方ではありませんでした。

 

その一つの事実からも試してみる価値はあるのではないでしょうか。しかし米麹から作られた甘酒はノンアルコールですが、日本酒はお酒です。大量に飲めばアルコールによる別の弊害が起こる危険性もはらんでいます。日本酒自体は用量を守れば美白、美肌効果や認知症予防など体に良いこともたくさんありますが、いわずもがな飲みすぎには十分注意が必要です。用量を守って普段の飲酒を少し変えることで髪の毛の悩みを克服してみてはいかがでしょうか。

 

薄毛はいつのまにか進行するもので、気が付いたときにはすでに時遅しというケースがほとんどです。とくに男性型脱毛症(AGA)などはその典型。多くの方がまだ大丈夫と思いこんでいますが、水面下ではすでにかなり進行しはじめている場合が多いと言われています。朝べたつく髪が気になったり、抜け毛がいつもより増えたり、頭皮が痒くなったり炎症したりする人はとくに要注意です。