遺伝以外で出来る薄毛対策で出来るかぎりの努力を!

遺伝以外で出来る薄毛対策で出来るかぎりの努力を!


薄毛は、遺伝的な要素もありますが、それでもやっぱりどうにかしたい!できる範囲で髪にいい環境を用意したいですよね。

 

薄毛対策はまず、抜け毛が多いからと言ってシャンプーしないのはNGです。地肌を清潔に保つ必要がありますので、シャンプーしながら地肌のマッサージをしてみましょう。

 

また、食べ物も大事です。「海藻類は髪にいい」と聞いたことはありませんか?ワカメに含まれるミネラルは髪を形成する成分ですが、髪まで行くのはごくわずか。海藻を食べたから薄毛に効果的とは言えないようです。

 

それよりも、髪のもととなる「タンパク質」、タンパク質が髪になるのを助ける効果がある「亜鉛」、皮膚(頭皮)を健康にする「ビタミンA」、代謝をよくする「ビタミンB」、血行を良くする「ビタミンE」などがいいようです。それらは、肉、レバー、魚介類、緑黄色野菜、ナッツ類などに含まれていますので、偏食をなくしバランスよい食事を心がけることが大切です。

 

あとは、睡眠です。新陳代謝が最も活発なのは、午後10時から午前2時。せっかくの時間に夜更かししてしまうなんて勿体ない!早寝を心がけましょう。

 

また、帽子をずっとかぶっているとよくないのでは、という話も聞きますが、意外と薄毛には関係ないようです。もちろん、蒸れすぎて肌トラブルが発生するのは良くないですが、そうでないのなら紫外線を防ぐので、逆に帽子を被るのはいいことかもしれません。

 

早寝早起きに、バランスのいい食事、血行をよくするマッサージなど、髪にいいことは、体にもいい事ばかりですね。それでも根本的に解決しない場合は育毛剤やサプリなども取り入れた方がいいですね。

 

育毛剤選びで迷った方は、ネット上の口コミ評判を見ればどれがいいのか参考になると思います。人気どころを挙げるとすれば、チャップアップやポリピュア、ブブカなどが有名です。最近ではフィンジアという新しい人気のものも出てきていますので、そちらもチェックしてみてもいいかもしれません。ストーリー性のある体験記事がおもしろかったです。

関連ページ

女性のつむじ薄毛対策
つむじが薄くなってきた女性がすべき育毛対策とは
血液と毛髪の密接な関係性